税金対策として不動産投資を行う場合の基礎

税金対策として不動産投資を行う場合の基礎

いくら表面上の利益が多くても、そのほとんどを税金でもっていかれてしまっては何の意味もありませんから、投資の効果は、最終的には税引き後の手取りがどの程度見込めるかで判断する必要があります。そのためには、投資対象についての税務上の扱いがどうなっているかを理解しておかなければなりません。

続きを読む

XXXは経費にできる?経費になるものならないもの

XXXは経費にできる?経費になるものならないもの

所得税法によれば、「必要経費」になるのは、収入に対応する売上原価、収入を得るために直接要した費用、その年に生じた業務上の費用の額とされています。マンション賃貸事業による不動産所得を計算するときは、次のようなものが必要経費になります。

続きを読む

減価償却を利用して節税する方法

減価償却を利用して節税する方法

減価償却資産を取得するために支出した金額は、単純に支出した年の費用とするのではなく、その減価償却資産が有効に業務用に供される期間の費用として配分することとしています。この費用配分のことを減価償却といいます。

続きを読む

節税額の計算方法を年収1000万円の場合でシミュレート

節税額の計算方法を年収1000万円の場合でシミュレート

年収1000万円のサラリーマンを例にとって節税額をシミュレートしてみてみましょう。

続きを読む

節税効果がなくなってきたらどうする

節税効果がなくなってきたらどうする

税法上の所得とキャッシュフローとは異なる概念ですから、税法上の所得が黒字になるとキャッシュフローが悪くなってしまうということが起こり得ます。これは、所得が黒字になることによって追加納税の必要が生じるからです。この場合の対応としては、マンションの追加投資をする方法があります。

続きを読む